2022年10月たばこ税増税で加熱式タバコが値上げ!現在のタバコの値段

ここ数年続く、たばこ税増税に伴うタバコ製品の値上げで、辛い思いをしている喫煙者は多いでしょう。

2022年10月には加熱式タバコのみを対象とした増税が実施され、多くの銘柄が値上げされることが見込まれます

この記事では、2021年10月に実施された主な加熱式タバコ・紙巻きタバコの現行銘柄の値上げ後価格などを紹介します。

 

2022年10月に実施される加熱式タバコの値上げ額が発表された際は、詳細をこの記事でも紹介します。発表までお待ちください!

 

タバコ税増税で値上げされないタバコといえば電子タバコ

 

加熱式タバコの連続値上げはいつからいつまで?

グラフ

出典:財務省/たばこ税等に関する資料

 

加熱式タバコ・紙巻きタバコ・軽量葉巻(リトルシガー)のたばこ増税は以前から決定しており、平成30年から段階的に行われてきました。

そして、令和4年10月の加熱式タバコの増税で、予定されていた増税はすべて完了となります。

 

増税の対象となったタバコ製品それぞれの値上げの実施回数・時期は以下の通りです。

 

【加熱式タバコ】

平成30年度の税制改正後の課税方式により5回に分けて値上げを実施。

 

1回目:平成30年(2018年)10月

2回目:令和元年(2019年)10月

3回目:令和2年(2020年)10月

4回目:令和3年(2021年)10月

5回目:令和4年(2022年)10月 ※今回実施

 

【紙巻きタバコ】

1本当たり1円ずつ合計3円(1箱60円)の値上げを3回に分けて実施。

 

1回目:平成30年(2018年)10月

2回目:令和2年(2020年)10月

3回目:令和3年(2021年)10月

 

 

【軽量葉巻(リトルシガー)】

紙巻たばこと同等の税負担になるように最低税率を設定し、2回に分けて値上げを実施。

 

1回目:令和2年(2020年)10月

2回目:令和3年(2021年)10月

 

課税について詳しくはこちら

たばこ税等に関する資料 : 財務省

 

加熱式タバコは5年連続でたばこ税増税に伴う値上げが行われてきたのです。

一旦、たばこ税増税による値上げは終わりますが、今後ずっとないとはいえません。

 

今後1000円まで値上がりする可能性もある

たばこ税増税の理由は、国の財源を確保するためです。

高齢化が進んでいることから社会保障費が増加し、税収を確保するためにたばこ税の見直しが実施されているのです。

 

たばこの価格には、国たばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税、消費税と4種類もの税金が含まれています。

一般的な紙巻きタバコの税負担率は61.7%にのぼり、1箱600円のタバコなら約370円が税金となります。重要な財源であることがおわかりいただけるでしょう。

 

また、健康意識の高まりなどによるタバコ離れで喫煙率が下がり、紙巻きタバコの販売数量は平成8年度をピークに減少傾向です。

たばこ販売店もたばこ自動販売機も減ってきています。

たばこ消費量が減るとたばこ税収も減少してしまうため、税負担を重くすることで税収を確保しているのです。

さらに、加熱式タバコなど紙巻きタバコ以外の製品について、課税方式の見直しや、紙巻きタバコと同水準の税負担にするために、たばこ税の見直しも実施されたのです。

 

タバコは価格弾力性(価格と需要の変化率の関係性。一般的に価格が上がると需要は下がる。価格弾力性が高いと価格が上がっても需要の下げ幅は大きいが、低いと小さい)が低いため、値上がりしても需要は大きく影響を受けないとされています。

 

税負担を重くしても需要が大きく下がらないことも、値上げされる理由でしょう。

今後さらに喫煙者が減ると、価格が1000円を突破する可能性もあるといわれています。

 

税負担なし!コスパ良しの電子タバコ「ドクタースティック」

 

【値上げ発表後更新】2022年10月は加熱式タバコが値上げ予定

電子タバコを吸う人

2022年10月に実施予定のたばこ税増税による加熱式タバコの値上げ。

2021年10月の値上げの際は8月に対象銘柄と値上げ額が発表になったので、今回もそのくらいの時期ではないかと思われます。

値上げ情報が発表になりましたら、こちらで紹介します!

 

加熱式タバコユーザーとしては、いくら位の値上げになるのかが気になるところでしょう。

その参考として、昨年の値上げ額を確認してみましょう。

 

【現在の加熱式タバコの値段】2021年10月の増税時の値上げ額は?

加熱式タバコの主なブランドは、

 

  • 【アイコス】アイコス3/アイコス イルマ/リル ハイブリッド
  • 【グロー】グロー プロ/グロー ハイパー
  • 【プルーム】プルームテック/プルームテックプラス/プルームエックス

です。

それぞれ専用スティックやカプセルがあり、それらが値上げの対象となります。

 

各ブランドの現在の販売価格(2021年10月からの改定価格)と値上げ額を見ていきましょう。

 

アイコス

たばこメーカー「フィリップモリス」の加熱式タバコ「アイコス3」専用の「マールボロ・ヒートスティック」「ヒーツ」、および2021年新発売の「アイコス イルマ」専用の「テリア」は30円値上がりしました。

さらに、2020年発売の「リル ハイブリッド」専用の「ミックス」は10円値上げとなっています。

 

シリーズ各種の2021年10月の改定後価格(現在の価格)は以下の通りです。

シリーズ 2021年10月

改定後価格

2021年10月

改定前価格

値上げ額
マールボロ・ヒートスティック各種 580円 550円 30円
ヒーツ各種 530円 500円 30円
テリア各種 580円 550円 30円
ミックス各種 500円 510円 10円

 

フィリップモリスの2021年10月値上げ対象製品一覧はこちら
https://www.pmi.com/resources/docs/default-source/japan-market/20210820-pmj-pressrelease-price-submission-consumables435098361.pdf?sfvrsn=fadc27b7_2

 

アイコス本体&フレーバー全種類一覧!おすすめ人気の味や特徴を徹底比較

 

グロー

タバコの製造・販売企業「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ」の日本法人「BATJ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)」の加熱式タバコには、glo pro用glo hyper用のたばこスティックがあります。

 

シリーズ各種の2021年10月の改定後価格(現在の価格)は以下の通りです。

シリーズ 2021年10月

改定後価格

2021年10月

改定前価格

値上げ額
ケント・ネオスティック​​各種(pro/hyper用) 500円 480円 20円
ネオ​​各種(pro用) 560円 520円 40円
ネオ各種(hyper用)​​ ​540円 ​​500円 40​円
クール・エックス・ネオ各種(hyper用)​​ 520円 480円 40円

 

BATJの2021年10月値上げ対象製品一覧はこちら

https://www.batj.com/group/sites/BAT_CCHLR2.nsf/vwPagesWebLive/DOC6H9ZZ/$FILE/20210903_価格改定認可プレスリリース.pdf

 

glo(グロー)スティックフレーバー全種類まとめ!特徴と人気の味を紹介

 

プルーム

2021年10月のタバコ価格改定で、JTは加熱式タバコの「プルームテック」「プルームテックプラス」用のたばこカプセル、および「プルーム・エックス」用のメビウスブランドのたばこスティックを30円値上げしました。

2021年の価格改定時は、プルーム・エックスの低価格帯ブランド「キャメル」は価格据え置きでしたが、今年は価格改定の対象となるでしょうか。

 

シリーズ各種の2021年10月改定後価格(現在の価格)は以下の通りです。

シリーズ 2021年10月

改定後価格

2021年10月

改定前価格

値上げ額
メビウス・プルーム・テック専用各種 570円 540円 30円
ピアニッシモ・プルーム・テック専用各種 570円 540円 30円
メビウス・プルーム・テック・プラス専用各種 580円 550円 30円
メビウス・プルームエックス・プルームエス用各種 570円 540円 30円

 

JT(加熱式タバコのみ)の2021年10月値上げ対象製品一覧はこちら
https://www.jti.co.jp/investors/library/press_releases/pdf/2021/20210823_J01.pdf

 

新たばこ!プルームテック・プルームテックプラス比較&フレーバー全種類│DR. STICKコラム

 

【現在の紙巻きタバコの値段】2021年10月の増税時の値上げ額主要銘柄一覧

火のついた煙草

2022年10月のたばこ税増税による値上げの対象に紙巻きタバコは入っていませんが、参考までにJT・フィリップモリス・BATJの主要銘柄の現在の価格(2021年10月の価格改定後の値段)を値上げ額とともに確認してみましょう。

 

JT(日本たばこ産業)

JT(日本たばこ産業)から販売されている代表的な紙巻きタバコの2021年10月改定後価格(現在の価格)は以下の通りです。

銘柄 2021年10月

改定後価格

2021年10月

改定前価格

値上げ額
ウィンストン・キャスター・ホワイト・5 540円 500円 40円
キャメル・ライト・ボックス 460円 450円 10円
セブンスター 600円 560円 40円
ナチュラル アメリカン スピリット ライト 600円 570円 30円
ピアニッシモ・アリア・メンソール 570円 540円 30円
ピース(20本入り) 600円 560円 40円
メビウス 580円 540円 40円
ハイライト 520円 490円 30円

 

プルーム・エックス用のキャメルは値上がりしませんでしたが、紙巻きタバコのキャメルはわずか10円とはいえ値上がりしています。

また、セブンスターナチュラル アメリカン スピリットピース(20本入り)600円に到達しました。

 

JT(加熱式タバコ以外)の2021年10月値上げ対象製品一覧はこちら
https://www.jti.co.jp/investors/library/press_releases/pdf/2021/20210730_13.pdf

 

PM(フィリップモリス)

PM(フィリップモリス)の代表的な紙巻きタバコの2021年10月改定後価格(現在の価格)は以下の通りです。

銘柄 2021年10月

改定後価格

2021年10月

改定前価格

値上げ額
マールボロ 600円 570円 30円
ラーク100ボックス 540円 500円 40円
パーラメントKSボックス 580円 540円 40円
バージニア・エス・デュオ・メンソール 10’s 290円 270円 20円
バージニア・エス・ソフィア6 570円 530円 40円
フィリップモリス・10・KS ボックス 430円 400円 30円

 

マールボロが600円の大台に乗っています。

 

フィリップモリスの2021年10月値上げ対象製品一覧はこちら
https://www.pmi.com/resources/docs/default-source/japan-market/20210820-pmj-pressrelease-price-submission-consumables435098361.pdf?sfvrsn=fadc27b7_2

 

BATJ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)

BATJの代表的な紙巻きタバコの2021年10月改定後価格(現在の価格)は以下の通りです。

銘柄 2021年10月

改定後価格

2021年10月

改定前価格

値上げ額
​​ケント・1・100ボックス 520円 500円 20円
ケント・エス・シリーズ・1・100・ボックス 500円 480円 20円
クール・ブースト・フレッシュ・5・ボックス 580円 530円 50円
ラッキー・ストライク・ボックス 600円 560円 40円
ラッキーストライク・エキスパートカット・1・100 ​​450円 430円 20円

 

ラッキー・ストライクが600円になりました。

 

BATJの2021年10月値上げ対象製品一覧はこちら
https://www.batj.com/group/sites/BAT_CCHLR2.nsf/vwPagesWebLive/DOC6H9ZZ/$FILE/20210903_価格改定認可プレスリリース.pdf

 


メンテナンスフリーで爆煙を楽しめる「Dr.Stick」から、
新型モデル「Dr.Stick typeX」が新登場!
スターターキットタバコ24箱相当分のフレーバーPODが付いてお得に試せます♪

本体にお好みのフレーバーをセットして吸うだけで簡単な使い方なので、電子タバコ初心者の方でも安心して使い始めることができます。

旧モデルでもお馴染みのタバコ風味の「ストロングシガー」、スッキリとしたメンソール風味の「ストロングメンソール」に加え、
フルーティなブルーベリー風味にメンソールが加わった「ブルーメンソール」、甘くほろ苦い風味がクセになる「ビターコーヒー」の4種類のフレーバーがスターターキットに付属。

ニコチン・タールゼロで嫌な臭いも無いので、部屋の中・車内の臭い移りなど、タバコ特有の心配をせずに気兼ねなく使用できます。

【ネット通販でも好評】

  • アマゾン:
    電子タバコカテゴリ
    ランキング1位(2021年9/1時点)
  • 楽天:
    スターターキット・セット
    ランキング1位(2022年5/9時点)
  • Yahoo:
    禁煙グッズ、サポート用品
    ランキング1位(2021年11/3時点)

本体にPOD全種類が付属したスターターキットは、通常は14,200円(税込)ですが、
公式サイトからの購入だと、ネット通販の価格よりも更にお得な79%OFF!!
なんと2,980円(税込)で購入することが可能です!

さらに!!
公式サイトで定期便を注文した方に限り本体が破損した際に無償で交換してくれる”神”特典も!
仮に使用中に落として破損した場合でも交換対象になるので、安心して利用できますね♪
初めて電子タバコをご利用の方にも安心の特典です^^


 

紙巻きタバコ値上がりの歴史

平成30年からの断続的なたばこ税増税により、多くの紙巻きタバコが値上がりになりました。

歴史のあるタバコはもっと昔から値上がりをし続けています。

おなじみの2銘柄の値上がりの歴史を見てみましょう。

 

セブンスター

日本初のフィルター付きタバコとして売り出された「セブンスター」。1969年の発売当初は小売価格100円でした。

ですが、1975年12月以降、以下の表の通り値上がりし続けています。

 

セブンスターの値上げの推移一覧表

年/月 価格(税込) 前回からの値上げ額
1969/2~ 100円
1975/12~ 150円 +50円
1980/4~ 180円 +30円
1983/5~ 200円 +20円
1986/5~ 220円 +20円
1997/4~ 230円 +10円
1998/12~ 250円 +20円
2003/7~ 280円 +30円
2006/7~ 300円 +20円
2010/10~ 440円 +140円
2014/4~ 460円 +20円
2018/10~ 500円 +40円
2019/10~ 510円 +10円
2020/10~ 560円 +50円
2021/10~ 600円 +40円

参考元:https://neage.jp/sonota/tabako/sevenstars.html

 

 

2021年10月のたばこ税増税によって、ついに価格は600円となり、発売時から6倍も値上がりしたのです。

歴史が古く人気のある銘柄なので、物価が違うとはいえど、「昔はたばこ代安かったのに…」と値上がりをツラく感じている人は多いかもしれませんね。

 

「セブンスター」の詳細はこちらから
https://dr-stick.shop/tips/cigarette/sevenstar_2021/

 

メビウス(旧マイルドセブン)

セブンスターのマイルド版として発売された「マイルドセブン」。2013年にメビウスに改称され、今ではすっかり定着しました。

マイルドセブン時代から今までの値段の推移を見てみましょう。

 

メビウス(旧マイルドセブン)の値上げの推移一覧表

年月 価格(税込) 前回からの値上げ額
1977/6~ 150円
1980/4~ 180円 +30円
1983/5~ 200円 +20円
1986/5~ 220円 +20円
1997/4~ 230円 +10円
1998/12~ 250円 +20円
2003/7~ 270円 +20円
2006/7~ 300円 +30円
2010/10~ 410円 +110円
2014/4~ 430円 +20円
2016/4~ 440円 +10円
2018/10~ 480円 +40円
2019/10~ 490円 +10円
2020/10~ 540円 +50円
2021/10~ 580円 +40円

参考元:https://neage.jp/sonota/tabako/mevius.html

 

セブンスターと比べて歴史が少々浅いため、発売時の150円から4倍弱の値上がりですが、十分にインパクトのある値上げ幅です。

2010年以降はずっとセブンスターよりも安いので、マイルドセブン(メビウス)に乗り変えたという方も多いのではないでしょうか。

 

「メビウス」の詳細はこちらから
https://dr-stick.shop/tips/cigarette/mevius/

 

タバコにかかるランニングコスト

計算をする人

喫煙者にとってタバコは必要不可欠なものである一方、家計を苦しめるものでもあります。
年間どのくらいタバコにお金を使っているのか気にはなるけれど、知るのが怖くて計算をしたことがない方も中にはいるのではないでしょうか。

ですが、もしも禁煙をしたいと思ったことが一度でもあるなら、一旦現状を知っておいた方がいいかもしれません。
タバコの値上げはこの先も行われる可能性があるものですから、辞めるなら早めの方がお金の節約になるからです。

 

では、2021年10月の値上げでいくつか到達した加熱式タバコもあるので、1箱600円で考えてみましょう。

1日1箱吸う場合、1か月(30日として)あたりのランニングコストは18,000円

年間でいくと18,000円×12ヶ月で216,000円にもなります。

5年続ければ100万円超えです。

そう考えると、大きい出費だということをより肌身に感じるのではないでしょうか。

 

ドクタースティックはたばこ税増税対象外でコスパよし!

ドクタースティック

参考:ドクタースティック

 

加熱式タバコや紙巻きタバコといったタバコ製品は今後も値上げされることが予想されます。価格はますます上昇していき、出費はさらに大きくなっていくでしょう。

しかし、電子タバコ「ドクタースティック」は、たばこ税増税により値上がりすることのないタバコです。

 

電子タバコとは、リキッドを加熱して発生した水蒸気を吸って楽しむもので、タバコ葉を使用していません

たばこ税の対象となるのはタバコ葉を使った製品なので、電子タバコはタバコと付くもののたばこ税の対象外なのです。

そのため、たばこ税増税によって値上がりすることは一切ありません

 

たばこ税増税の対象外という点はすべての電子タバコにいえることなのですが、中でもドクタースティックがおすすめな理由は、簡単操作でコスパもよいという点です。

ドクタースティックは、リキッドの入ったPODをワンタッチで取り付けて、ボタンを押すこともなく吸うだけで、電源が入って喫煙が楽しめるという簡単操作が魅力のひとつです。

 

さらに、1箱(5POD入り)で、タバコ約7箱分に相当する回数を吸うことができるというコスパの良さも見逃せません。

 

ドクタースティックは定期便の場合、1箱(5POD入り)あたり2,740円

セブンスター(1箱600円)は7箱で4,200円です。

1日あたりタバコ1箱分相当のドクタースティックを吸う場合、

2,740円÷7箱=1日あたり約391円

391円×30日(1か月)=11,730円

年間で140,760円です。

セブンスターの年間額(600円×30日×12か月=216,000円)より75,240円も安くなります

しかも、ニコチン・タールを含まないので、タバコによって害を受ける心配もありません。

 

ストレス解消にタバコを吸っている人は、ドクタースティックに変えれば、タバコによる身体への害を避けられるため、結果的に将来必要になる医療費を抑えられるかもしれません。

受動喫煙によって、周りの人に悪影響を与えてしまうこともないので、家族がいるから家ではタバコを吸わないようにしていた方も、電子タバコなら吸える可能性もあるのです。

 

ドクタースティックは通販限定品です。定期便を申し込むと、初回にスターターキットが届きます。

スターターキットは、本体+POD1箱+充電用USBコードのセットで、今なら980円で手に入ります。

初回分30日間全額返金保証付き。

実際に吸ってみて合わなかったという理由でも返金してもらえるので安心して試せます。

 

数ある電子タバコ商品の中でもコスパが良いので、まずは吸い心地を試してみてはいかがでしょうか?

ドクタースティックの詳細はこちら

 

まとめ

タバコが日々の生活に欠かせないという人にとって、値上げは頭の痛い問題でしょう。

紙巻きタバコから害が少ないといわれる加熱式タバコに変えた方も、今回の加熱式タバコの値上げをきっかけに禁煙を考えている人も多いのではないでしょうか。

ですが、無理に禁煙をしようとすると、かえってストレスがたまり、よりタバコに依存してしまう可能性もあります。

徐々に加熱式タバコから切り替える形で、電子タバコを利用してみてはいかがでしょうか

電子タバコをはじめるなら、簡単操作で吸えるドクタースティックをまずは試してみましょう。