水蒸気タバコとは?特徴や気軽に買える電子タバコ(VAPE)について

タバコ葉を使用しない次世代タバコとして注目されている「水蒸気タバコ」。水蒸気タバコとは電子タバコのことです。
日本国内でも愛用する人が増えており、店舗でも買えるようになってきています。

この記事では、水蒸気タバコの特徴やおすすめの水蒸気タバコについて詳しくご紹介します。

水蒸気タバコに興味がある方は参考にしてみてくださいね。

 

水蒸気タバコとは

水蒸気タバコは、グリセリンなどを含むリキッド(液体)を加熱して発生した水蒸気を吸引するアイテムです。
どのようなものか詳しくチェックしてみましょう。

 

VAPE(ベイプ)のことを指す

水蒸気タバコとは、世界中でブームになっている電子タバコ・VAPE(ベイプ)のことです。
水蒸気タバコは以下のようなパーツで成り立っています。

  • バッテリー
  • アトマイザー(霧化器)※リキッドを溜めておくタンクや加熱するコイルなどで構成
  • ドリップチップ(吸い口)

水蒸気タバコは、構造の違いによって4種類に分かれています。

 

  • リキッド式

リキッド式は自分でリキッドを補充して使用するタイプです。

ランニングコストを抑えられるというメリットはありますが、アトマイザーの洗浄やコイルの交換など定期的なメンテナンスが必要です。

 

  • POD式

POD式タイプは、コイル・リキッドタンク・ドリップチップが一体になった「POD」にリキッドを補充して使用します。

PODは寿命がきたら交換すればよいだけなので、定期的なメンテナンスは必要ありません

リキッドを補充する手間はあるものの、リキッド式よりも手軽に水蒸気タバコを楽しめます。

 

  • カートリッジ式

カートリッジ式は、元から注入されているリキッド入りのカートリッジを交換するタイプです。使い切りPOD式ともいいます。

定期的なメンテナンスが必要なく、吸い終わったら新しいカートリッジを装着すれば使用できます。バッテリー本体は充電すれば使い続けることができます。

 

  • 使い捨て式

使い捨て式は、元から入っているリキッドや充電がなくなったら丸ごと捨てるタイプです。

メンテナンスや充電の必要がないので手間はかかりませんが、都度買うことになるので、続ける場合ランニングコストが高くなります

 

水蒸気タバコ・VAPEの特徴

ベリーと電子タバコ

水蒸気タバコ・VAPEには紙巻たばことは異なる特徴があります。
具体的にどのような特徴があるのかご紹介します。

 

火を使わない

普通の紙巻きタバコはタバコ葉を火で燃やして出た煙を吸うものです。

一方、水蒸気タバコは火を使いません

水蒸気タバコはバッテリーからの電力でアトマイザー内のコイルを加熱し、リキッドを蒸気化させる仕組みになっています。

火を使わずに発生した水蒸気を吸引することで、たばこのような吸い心地を楽しめるのが大きな特徴です。

 

フレーバー付きのリキッドを使用

水蒸気たばこのリキッドにはフルーツ系やミント系、たばこ系などさまざまなフレーバーがあり、気分によって選ぶという楽しみ方もできます。

たばこ葉を使用しないので、非喫煙者やたばこの匂いを気にする人への気配りにもなります。

 

有害物質ニコチンなし・タールなし

海外ではニコチン入りリキッドを使用した水蒸気たばこが人気になっていますが、日本ではニコチン入りリキッドの販売は禁止されています。

そのため、日本国内で購入したリキッドにはニコチンは含まれていません

また、たばこ葉を燃焼したときに発生するタールや一酸化酸素などの有害物質も発生しないのが特徴です。

 

禁煙を目指す人が使う場合もある

タバコを吸いたくなるのは、ニコチン依存が関係しています。

禁煙すると体内にあるニコチンが切れて、イライラや不安感などの離脱症状が現れます。
離脱症状から抜け出そうと、またタバコを吸ってしまうため、禁煙に失敗してしまうのです。

また、禁煙ができない方は、口寂しさや手持無沙汰が関係している可能性も

水蒸気たばこはニコチンを含まず、たばこを吸ったときのような満足感もあるので、禁煙を目指す人が活用しているケースもあります。

 

中にはビタミンを含む電子タバコも

水蒸気タバコの中には、ビタミンやコラーゲン、コエンザイムQ10などを配合した商品もあります。
フルーツ系やミント系など女性好みのフレーバーも揃っています。

気分転換をしながらビタミン取り入れられるので、美容や健康を気にする方は注目してみましょう。

 

さまざまなタイプの水蒸気タバコ・VAPE

さまざまな商品の揃う水蒸気タバコですが、シリーズでいろいろなタイプが揃う水蒸気タバコもあるのでご紹介します。

SMOOTH V!P(スムースビップ)

スムースビップ

出典:https://store.smoothvip-vape.com/

SMOOTH V!P(スムースビップ)は、株式会社ライテックが取り扱っている水蒸気タバコです。

リキッド式の「SMOOTH V!P X2(スムースビップエックスツー)」、カートリッジ式の「SMOOTHV!P EZ(スムースビップ イージー)」、使い捨て式の「SMOOTH VIP TRYME PLUS(スムースビップトライミープラス)」の3タイプがあります。

女性でも持ちやすいペンタイプで、3タイプともフレーバーバリエーションがあるので好みのものが選べます。

 

圧倒的な吸い心地!水蒸気タバコならDr.stickもおすすめ

通販で購入

タバコのような吸い心地を求めるなら、通販でお得に購入できる「Dr.stick(ドクタースティック)」がおすすめです。
Dr.stickの特徴について詳しくご紹介します。

 

スタイリッシュでオシャレな見た目

清春

出典:https://dr-stick.shop/index.html

Dr.stickは、総合評価No1を獲得しているアーティスト清春プロデュース使い切りPOD式、スティックタイプの水蒸気タバコです。

タバコとは思えないスタイリッシュなデザインで人気を集めています。

持ち歩いているときや吸っているときにおしゃれな印象を与えるので、見た目にこだわりたい方にもおすすめ。

電源ボタンがなく、吸い込むだけで電源が入る簡単操作も魅力。電力調整、エアフロー調節なども必要ありません。

 

ニコチン×タール×タバコの匂いゼロ

紙巻タバコや加熱式タバコと異なり、Dr.stickにはニコチンやタールが含まれていません

タバコに付き物のニコチン依存や有害物質とは無縁なので、健康面にも配慮できます

また、タバコ葉を使用しないのでタバコの匂いが出ず、服や部屋に匂いがつくのを防げます。

 

日本人の好みに合わせたフレーバー

Dr.stickには、国内老舗香料メーカーによって日本人向けに開発されたフレーバーが4種類揃っています。

【Dr.stickのフレーバー】

  • ストロングシガー
  • ストロングメンソール
  • ストロングレモン
  • グリーンアップル

タバコ味、メンソール、フルーツ系があるので、タバコのような風味を感じたい方やタバコ初心者でも楽しめます。

 

吸い心地が抜群!

Dr.stickはコンパクトサイズでも煙量(蒸気量)が多く喉に強い刺激を感じられるという吸い心地の良さで人気です。
ニコチン入りのタバコを吸ったような気分になれる、満足感の高い商品です。

 

圧倒的なコストパフォーマンス

Dr.stickのフレーバーポッドは1つで約290回の吸引が可能です。フレーバーポッドは1箱5つ入りなので1,450回吸引できるということになります。

PODひとつで紙巻タバコ約1.5箱分相当なので、コストパフォーマンスに優れている製品といえるでしょう。

また、途中でやめて、後でまた吸うということもできるので、PODを無駄なく最後まで使い切ることができますよ。

 

安心の保証とアフターサービス

Dr.stickの公式サイトで定期コースを申し込むと、お得な価格で購入できます。

 

【定期コース】

  • 初回価格:1,980円(税込)・送料無料 ※単品の場合は9,980円(税込)

本体、USBケーブル、フレーバーポッド1個がセットになったスターターキットが届きます。

  • 2回目以降:10,960円(税込)・送料無料

お好きなフレーバーポッドが4箱届きます

定期コースで購入すると、本体が破損・故障した場合、定期便の継続期間中から定期便の解約後の1年間について、年間3回まで無償交換ができるアフターサービスが付きます。

さらに、商品に満足できなかった場合はお届け日から30日間ならスターターキットの料金を返金してもらえる全額返金保証も付いています。

水蒸気タバコを試してみたい方、手間をかけずに商品を継続購入したい方は、ぜひ定期コースを利用してみましょう。

窪塚洋介氏とのコラボも話題!Dr.stick
https://dr-stick.shop/

まとめ

水蒸気タバコにはさまざまなタイプがあり、紙巻タバコや加熱式タバコとは違う特徴があります。

ニコチンやタールが入っていない点さまざまなフレーバーが揃っている点などメリットが多く、幅広い世代に注目されています。

店舗や通販サイトで気軽に購入できるので、気になる商品があった方はぜひ試してみてくださいね!