タバコの賞味期限切れてる?会社別の見方を解説!加熱式・電子タバコも確認

タバコ製品には賞味期限が存在するものがあります。しかし、賞味期限切れしていないかを確認している喫煙者は少ないでしょう。

実は製造メーカーごとに独特な書き方をしているものもあり、商品によっては賞味期限そのものが記載されていないケースもあります。

このページでは、製造メーカーごとの賞味期限の見方や適切な保管方法などについて解説します

 

賞味期限を気にせず吸える電子タバコ

 

紙巻きタバコに賞味期限はある!

紙巻きタバコの賞味期限は、製造メーカーによって異なります。ただ、基本的には開封・未開封を問わず、製造日より10ヶ月〜1年程度となります。

 

未開封の賞味期限切れのタバコは吸ってもいい?

タバコの期限は、生鮮食品によくある「消費期限」ではなく賞味期限です。そのため期限切れでも吸えることは推測できます。

 

では、タバコにおける賞味期限とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

JT(日本たばこ産業)の公式サイトを見てみると、

“賞味期限を過ぎたたばこは、そのたばこ本来の味・香りが損なわれている恐れがありますので、賞味期限内にお吸いいただくことをお勧めいたします。”

と記載されています。

 

引用:JT(日本たばこ産業)の公式サイト

 

やはり、時間が経つにつれて風味や香りは弱くなるようです。タバコをおいしく吸うのであれば、あまり時間を置かずに消費したほうが良いでしょう。

 

開封後の賞味期限切れのタバコは吸える?

賞味期限切れのタバコでも吸うことはできますが、開封したタバコを長い期間放置してしまうと、湿気や乾燥の影響を大きく受けてしまいます。

そのために味が大きく変わり、香りが飛ぶことがあるので注意が必要です。また、タバコの保管状態によってはカビが生えることもあります。

見たことのない汚れのようなものがあれば吸わないようにしましょう。

 

賞味期限切れのタバコは返品できる?

JTでは購入された製品の賞味期限が切れていた場合は、購入した販売店に申し出るよう呼びかけています。ただし、購入時のレシートを持っていること未開封であることが前提となります。

開封後の場合、賞味期限切れのタバコを返品できるかどうかは、たばこ販売店の裁量にあり、問い合わせてみるしかないのが実情です。トラブルを避けたいのであれば、開封前に賞味期限を確認するといいでしょう

 

適切な保管の仕方

タバコは繊細なものです。とくに日光や湿気、乾燥の影響を受けやすいので、冷暗所での保管が望ましいとされています。

タバコの保管は湿度が高過ぎても、低過ぎても良くありません。保管に適切な湿度は70%前後、気温は20度前後とされています。

おすすめの保存方法はジップロックやタッパーなどに入れて密閉し、日光の当たらない涼しい場所に保管するという方法です。

タバコを長持ちさせたい方はぜひ実践してください。

 

紙巻きタバコの賞味期限の見方

ボックスタバコ

タバコの賞味期限はメーカーによって記載の仕方が異なり、記載されていないケースもあります。

 

タバコの賞味期限は、基本的に製造日から10ヶ月から1年ほど。どのメーカーの賞味期限も似たような見方になりますので、コツを掴めば簡単に読めるようになります。

 

【JT社】セブンスター・メビウス・ウィンストンなど

【JT社】セブンスター・メビウス・ウィンストンなど

基本的にJT(日本たばこ産業)社の表記は一目瞭然です。
タバコのパッケージの底面を見ると賞味期限が記載されています

画像のタバコの場合は赤線部分のように「2022.11」と記載されているので、2022年11月までが賞味期限となります。

 

【JT社の例外】アメリカンスピリット(アメスピ)

【JT社の例外】アメリカンスピリット(アメスピ)

JT社の商品の中にも、銘柄によっては賞味期限が書いていない場合もあります。
その場合、まずは、パッケージ底面の数字から以下の方法で製造日を読み取りましょう。

 

  1. 画像の赤線部分の数字を確認する。このタバコは「333213」
  2. 左の3桁の数字「333」は製造日を意味する。この場合は1月1日を含む333日目となり、11月29日が製造日
  3. 製造日の右側の2桁は製造された年を表す。この場合は「21」なので2021年
  4. 上記を合わせると2021年11月29日が製造日となる。このタバコの賞味期限はそこから10ヶ月から1年ほどと割り出せる。

 

【BAT社】ケント・ラッキーストライク・クールなど

【BAT社】ケント・ラッキーストライク・クールなど

BAT(ブリティッシュアメリカンタバコ)社の製品もパッケージの底面から製造日を割り出すことができます
底面に記載されている12桁の英数字が製造日を表しています。

 

  1. 中央のアルファベットが製造月を表す。順番に「A=1月」「B=2月」…となるため、今回の「C」は3月。アルファベットの「I」は、数字の「1」と似通っているため使用されない
  2. アルファベットの左隣の数字は製造年。このタバコは「2」なので、2022年
  3. この2点から2022年3月に製造されたと読み取れる。そこから10ヶ月から1年ほどが賞味期限

 

【PMJ社】マールボロ・ラーク・パーラメントなど

【PMJ社】マールボロ・ラーク・パーラメントなど

PMJ(フィリップモリスジャパン)社もパッケージの底面の記載から製造日が割り出せます

 

  1. 左から5桁目の数字が製造年。画像のタバコは「1」なので2021年製造
  2. 製造年の数字の右側3桁は製造日を表す。このタバコは「341」なので、1月1日を含む341日目、12月7日が製造日
  3. 上記の2点を合わせると2021年12月7日に製造されたことがわかる。そこから約10ヶ月から1年が賞味期限

 

賞味期限を調べる必要なし!いつでも楽しめる電子タバコ

 

加熱式タバコに賞味期限はある?

加熱式タバコの明確な賞味期限はありません。しかし、タバコ葉を使う製品なので、紙巻きタバコと同じく早めに消費していくことが好ましいようです。

加熱式タバコは製造日の記載がないものと、読み取れるものに分かれます。ここでは、その見方や賞味期限について解説していきます。

 

【JT社】プルーム・テック・プラス、プルーム・エックス

【JT社】プルーム・テック・プラス、プルーム・エックス

JT社のPloom製品は、専用のたばこスティック、または、たばこカプセルを使用する加熱式たばこです。底面には文字が記載されていますが、製造日ではなく、メーカーの管理番号になります。

 

通常のタバコ製品とは異なり、賞味期限や製造日の記載はありません

しかし、タバコ葉は使用されているため、時間経過で風味や香りは落ちていきます。製品本来の味わいを損ねないためにも、購入後はあまり時間を置かず喫煙するといいでしょう。

 

なお、メーカーの公式サイトでは、

“プルーム・エックス専用たばこスティックは、紙巻きたばこ等の通常のたばこ製品とは全く異なる新しいスタイルのたばこ製品であることから、弊社紙巻きたばこ製品に記載している賞味期限は刷記していません”としています。

プルーム・テック・プラス専用たばこカプセルについても同様のことが書かれています。

 

引用元:CLUB JTサイト「プルーム・エックスよくあるご質問

 

【BAT社】グロー

【BAT社】グロー

BAT社のグローも専用スティックを使う加熱式たばこです。

グロー専用スティックのパッケージには、これまで製造日の記載はなかったようです。しかし、現在販売されているパッケージにはBAT社の見方で読み取れるとされる英数字が記載されています。

この件について、BAT社の日本法人である「BATジャパン」に問い合わせたところ、「パックコード(QRコードや12桁の英数字)が発売時と変更があったか、また現在のコードが製造年月日を表しているのか、どちらも情報開示はできない」との回答がありました。
そのため推測ではありますが、BAT社の見方で製造日を割り出してみます。

 

  1. 中央のアルファベットが製造月になり「A=1月」「B=2月」と当てはめていく。今回は「M」なので12月(アルファベットの「I」は使用されない)
  2. アルファベットの左隣の数字が製造年。このタバコは「1」なので2021年
  3. この2点から2021年12月に製造されたと推測できる

 

【PMJ社】アイコス

【PMJ社】アイコス

PMJ社の加熱式タバコ、アイコス専用タバコスティックは賞味期限が製造日より1年と設定されています。
パッケージの底面、赤線を引いた部分から、PMJ社の紙巻きタバコと同じ見方で製造日を割り出せます

 

  1. 左から5桁目の数字が「1」なので2021年製造
  2. 次に製造年の右側3桁の数字を見る。これが製造日。画像の「165」は1月1日を含む165日目を表すので6月14日
  3. 上記の2点を合わせて2021年6月14日に製造されたとわかる

 

キャメルシガーなど葉巻タバコは賞味期限を設けていない

紙巻きたばこを出す指

葉巻タバコには賞味期限が設けられていません

キャメル・シガーやエコー・シガーなどのリトルシガーと呼ばれるタバコも同様です。

見た目は紙巻きタバコと変わりませんが、製造タバコの区分では葉巻タバコになります。そのため、ニコチン量の表示義務やたばこ税の割合も紙巻きタバコとは異なります

とはいえ、紙巻き、加熱式と同様に、あまり時間を置かないほうが良いでしょう。購入後はすみやかに喫煙してタバコ本来の味や香りを楽しみましょう。

 

電子タバコのリキッドの賞味期限

液体を電熱で蒸発させて、水蒸気を吸引するタイプの喫煙具を「電子タバコ(VAPE)」と言います。

 

喫煙具に入れる専用の液体はリキッドと呼ばれ、このリキッドにも賞味期限は定められていません。
ただし、紙巻きタバコと同様に長期間の放置は禁物です。
酸化によって味の変化が起きたり、強い光に当たり続けて変色したりする可能性もあります。

リキッドを注入するタイプの電子タバコを使っていて、大容量のリキッドを少しずつ消費しているという方はとくに気をつけましょう。

 

賞味期限を気にせず吸える!ドクタースティック

ドクタースティック

出典:ドクタースティック

 

リキッドを注ぐタイプの電子タバコは吸うまでの手間もかかります。

手軽に吸いたいならPODを装着するだけで吸える電子タバコ、中でもSNSで話題のドクタースティックがおすすめです。

電子タバコに該当するので、ドクタースティックもリキッドの賞味期限は設けられていません。

 

また、リキッドの交換は、リキッドが初めから注入されているPODを丸ごと取り替えるだけなので非常に簡単です。

違う味が吸いたくなったときも、PODを変えるだけで済みます。

 

使い勝手がよく、味もおいしくて吸いやすいので、賞味期限を気にするまでもなく早々に吸い切ってしまうでしょう。

ニコチン・タールゼロなので、頻繁に吸っても体への害を気にする必要はありません。

PODの消費が早いことが予想される方には、お得な定期便の利用をおすすめします。

定期便の場合、POD1箱(5個入り/2,740円)で紙巻きタバコ約7箱分の回数が吸えます。

1箱600円の紙巻きタバコの場合、7箱で4,200円なので1,460円もお得です。

さらに初回は特別価格の税込980円でスターターキットが届きます。

気になる方は以下をチェックしてみてくださいね。

 

ドクタースティックの詳細はこちら

 

まとめ

紙巻きタバコの賞味期限はおおよそ製造から10ヶ月〜1年です。
賞味期限の明確な表記こそありませんが、タバコ本来の味を楽しむためにも購入後は早めに消費したほうがいいでしょう。

「いちいち賞味期限を気にしたり、タバコを買いに行くのが面倒」という方もいらっしゃるでしょう。その場合は、ドクタースティックをおすすめします。

POD1箱で紙巻きたばこ約7箱分というコスパの良さが魅力。吸い心地もよいため、喫煙者も満足できるでしょう。定期便なら、なくなる度にわざわざ注文する必要もありません。

あらゆる点でストレスフリーなので、面倒なことを嫌う方にぴったりの商品です。

 

現在のお得なタイミングで、ぜひドクタースティックを試してみてください。