日本販売禁止!電子タバコVAPE(ベイプ)のニコチン入りリキッドを解説

健康志向の高まりによって、喫煙者の間で注目を集めているのが電子タバコVAPE(ベイプ)です。日本で販売されている電子タバコにはニコチンやタールが含まれていないので、電子タバコに完全に移行できれば禁煙成功です。

しかし、いざ電子タバコを使用してみると「やっぱりニコチンの吸いごたえがほしい」と思う方もいるでしょう。実は海外では、電子タバコのニコチン入りリキッドも販売されているのです。

この記事では電子タバコ用ニコチン入りリキッドの特徴と注意点を解説します。

 

話題沸騰!ニコチン・タール0の電子タバコ【VAPE】

禁煙したい人やタバコの量を減らしたい人に注目されている、電子タバコ「VAPE」の特徴を説明します。

 

電子タバコ【VAPE】とは

VAPEとは、リキッドを電気で気化させて、発生する蒸気(ベイパー)を吸引するアイテムです。日本では電子タバコとも呼ばれますが、海外での一般的な名称はVAPE(ベイプ)です。タバコの煙のような蒸気が出るため、紙巻タバコを吸っているような気分で喫煙が楽しめます

 

煙量も十分!ニコチン・タールフリーの電子タバコDr.stick

 

加熱式タバコとの違い

電子タバコと加熱式タバコの最大の違いは、加熱するものにタバコ葉が含まれるか、という点です。加熱式タバコとは、紙巻タバコのようなスティック型の形状をしたタバコ葉を高温で加熱して、発生した蒸気を吸引して楽しむものです。従来の紙巻きタバコと異なりタバコ葉を燃やさないので、ニコチン・タールの量や、煙、タバコ独特の匂いが抑えられるというメリットがあります。リキッドを加熱し、発生した蒸気をタバコ葉に通したものを吸う低温加熱式タバコの場合は、さらにこれらが抑えられます。

一方、電子タバコは、タバコ葉は使わず、電子タバコ専用のリキッドを用います。リキッドにはニコチンやタールが含まれていません。そのため、タバコを吸う楽しみはそのままに、健康やノンスモーカーに配慮できるのが魅力のひとつです。毎日吸う紙巻タバコや加熱式タバコを電子タバコに置き換えれば、ニコチン・タールフリーになるため、禁煙したい人やタバコの量を減らしたい人から注目を集めています。

 

さまざまなフレーバーが楽しめる

電子タバコ用リキッドにはさまざまな種類のフレーバーがあります。数百種類ものフレーバーを取り扱うVAPE専門店もあります。タバコ風味のものや爽快感があるメンソール、フルーツ系やスイーツ系の甘さが楽しめるものなど、さまざまなテイストがあるため、その日の気分に合わせて選べるのも楽しみのひとつです。

このように、電子タバコは「タバコというよりアロマとして楽しむもの」という側面もあります。もともと喫煙者でなくても、ファッションアイテムリラックスグッズとして電子タバコを楽しむ人も増えています。

 

実はVAPE用のニコチン入りリキッドもある

ニコチン

VAPEの最大の特徴はニコチンとタールを含んでいないことですが、実は海外ではVAPE用のニコチン入りリキッドが販売されています。

 

通称ニコリキ

VAPE用のニコチン入りリキッドは、略して「ニコリキ」とも呼ばれます。

二コリキはVAPE用のリキッドにニコチンを添加したもので、タバコ感があり、特に減煙志向の人から注目されています。

 

有害な物質を含むタールは入っていない

タバコの健康への影響を考えるうえで避けて通れないのがタールです。タバコでいうタールは、タバコの煙から一酸化炭素とガス状の成分を取り除いた成分で、いわゆる「ヤニ」をさします。ニコチンのような単一の構造を持つ化合物ではなく、多くの化学物質の総称です。

ニコチンは依存性が強く、なかなか喫煙をやめられない原因といわれています。

一方、タールのなかには発がん性が指摘されているものもあり、健康への影響はタールの方が大きいと考えられています。

VAPEのニコリキはタールを含んでいないので、その点では健康に配慮した製品であるといえるでしょう。

 

ニコチン濃度を計算して自作できる

ニコチン入りリキッドは、お気に入りのフレーバーリキッドに、ニコチンベースリキッドを混ぜて自作することも可能です。今まで吸っていたタバコの吸いごたえに近づけたり、自分好みの量に調整できたりする点も、ニコリキの特徴です。

ニコチン濃度を調整するには計算が必要ですが、数値を入れるだけで計算できるサイトもあるので利用しましょう。

 

ニコチン濃度の目安

紙巻タバコからニコリキの電子タバコに切り替える場合、どの程度の濃度にすればいいのか迷うと思います。

その場合、あくまでも目安ですが下記の表を参考にしてください

大雑把に、抵抗値違いの2タイプでまとめてあります。

 

A:煙の量が少ないコイルの抵抗値1Ω程度の場合

B:煙の量が多いコイルの抵抗値0.5Ω程度の場合

 

ニコチン量 A(1Ω) B(0.5Ω)
0mg程度 0%(0mg) 0%(0mg)
0.15mg程度(ピアニッシモなど) 0.3%(3mg) 0.1%(1mg)
0.3mg程度(キャスタースーパーライトなど) 0.6%(6mg) 0.2%(2mg)
0.6mg程度(マルボロライトなど) 0.9%(9mg) 0.3%(3mg)
0.8mg程度(ラッキーストライクなど) 1.2%(12mg) 0.4%(4mg)
1.0~1.2mg程度(セブンスターなど) 1.5%(15mg) 0.5%(5mg)

出典:https://vape.shop/

 

今まで喫煙経験がなく、まったくの初心者の場合は、ニコチンなしから徐々に濃度を上げていくようにしましょう。

濃度調整をするのは面倒…という方は、ニコチン濃度2%の使い切りPOD式電子タバコ・新型DOT PROを試してみてはいかがでしょうか。2%でも喉への刺激が少なく、まろやかな味わいになる「ニコチンソルト」を使用。リキッド注入やコイルのメンテナンスも必要ないので、紙巻タバコのように気軽に喫煙できることを優先したい方におすすめです。

 

日本国内ではニコリキの販売は許可されていない

日本の場合、電子タバコの大きな特徴として、ニコチンを含まないことがまず挙げられます。なぜなら、薬機法によりニコチン入りリキッドの販売・譲渡が禁止されているからです。電子タバコ専門店で購入したり、他人から譲渡を受けたりすることができないため、日本の電子タバコはノンニコチンなのです。

 

所有は問題ないので個人輸入で手に入れられる

ただし、ニコチン入りリキッドの所有が禁止されているわけではありません。そのため海外製品を個人輸入して使うことは可能です。

個人輸入する場合は、海外の小売店やECサイトを通して注文します。英語でのやり取りが不安な方は、手数料は高くなりますが代行業者に頼む方法もあります。また、海外在住の知人がいれば、現地で購入・発送してもらう、というのも一つの手でしょう。

自損でも交換OK!30日間の初回分全額返金保証付きの電子タバコ

 

ニコチン入りリキッドを使う際の注意点

日本でニコチン入りリキッドを使う場合は、海外から輸入するしかありません。ここからは、ニコリキを海外から購入・使用する場合の注意点をお伝えします。

 

輸入量制限がある

ニコチンは、「毒物及び劇物取締法」によって毒物に指定されています。したがって、用途が個人使用といえど、輸入量に制限があります。個人で1度に輸入できるニコチン入りリキッドの量は1ヶ月の使用量とされ、それは120mlと決められています。この量を超えると、税関で止められて手元に届かないため注意しましょう。また、1回の注文が120ml以内でも、1ヶ月の間に何度も注文すると、1ヶ月の使用量を超過していると判断され、税関で止められる可能性もあります

 

トラブルが起きても自分で解決するしかない

個人輸入では、トラブルが起きた場合の対処も自分でするしかありません。不良品だった場合などはその情報をしっかり伝えたり、証拠を残しておいたりすることが重要です。しっかりと手順を踏めば大丈夫ですが、対応に慣れていないと労力もかかります。個人輸入ではトラブルに自力で対処しなければならないので、そのようなケースもあると考えておきましょう。

 

保管方法に気をつける

ニコチンは毒物と定められており、保管方法にも注意が必要です。ニコチンは皮膚からも吸収されるため、ニコチン入りリキッドを肌にこぼしてしまうと、体内に吸収されて中毒を起こす恐れもあります。ニコリキ入りの瓶はしっかりと密閉し、特に小さなお子さまやペットがいる家庭では、手の触れないところに保管しましょう。美味しそうな香りのフレーバーが付いたニコリキの場合、お子さまが誤飲する可能性もあります。

 

ニコチン含有のため無害とはいえない

紙巻タバコと比べると、VAPE用のニコチン入りリキッドに含まれるニコチンによる体への影響は少ないです。しかし、それでも害がないとは言い切れません。タバコにおけるニコチンの最大の問題点は依存性ですが、そのほかにも血管収縮や血圧上昇、悪玉コレステロールの合成促進などの作用があります。長期摂取や大量摂取による体への影響は、少なからずあると覚えておきましょう。

 

ニコチン0でも吸いごたえが欲しいなら【Dr.stick】

清春氏

出典:https://dr-stick.shop/lp/1/

 

「VAPE用のニコチン入りリキッドはハードルが高いけれど、ノンニコチンでは満足できない」という方には、ニコチン0でも吸いごたえ十分な総合評価No1の【Dr.stick】がおすすめです。

電力調整、エアフロー調節などをする必要のない、使い切りPODタイプの商品で、普段の電子タバコ使いにぴったりです。

 

ニコチンとタールが0

電子タバコDr.stickには、ニコチン・タールが含まれていません。まずは紙巻タバコや加熱式タバコと併用して減煙したいという方にぴったり。普段タバコは吸わないけれど、アロマ感覚で使いたいという方にもおすすめです

 

ニコチンなしでも満足のいく吸い心地

Dr.stickはニコチンなしでも喉にガツンとくる切れ味があり、吸いごたえ十分。コンパクトな電子タバコ本体ながら煙量もあります。タバコ独特の苦味が楽しめる、タバコフレーバーの「ストロングシガー」、女性におすすめの「グリーンアップル」など、4種類のフレーバーがあり、スターターキットには人気リキッド「ストロングメンソール」がついてきます。ニコチン0でも、紙巻タバコから得られるような満足感があり、喫煙者から支持されています

 

リキッドは安心安全の国内製造

Dr.stickのリキッドは、すべて日本国内で製造しています。徹底した品質管理を行い、高品質で安全性の高い製品が届くような生産体制を整えています。

 

本体無償交換のアフターサービス

定期便での購入の場合、Dr.stick本体が破損・故障した場合でも、無償で交換できるサービスを受けられます。充実したアフターサービスがついているので、安心して使えます。

 

まとめ

日本国内では、電子タバコのニコチン入りリキッドの販売は許可されていません。ニコリキを手に入れるためは、海外から個人輸入する必要があります。ニコチンフリーでもキレのある吸い心地が欲しい方はDr.stickがおすすめです。紙巻タバコや加熱式タバコの喫煙者も納得の吸いごたえで、無理なく禁煙・減煙できます。