【ニコチンソルトとは】国内購入困難!電子タバコVAPEニコチンリキッド

日本でメジャーなタバコといえば、紙巻タバコや加熱式タバコですが、最近はVAPEとも呼ばれる電子タバコが人気を集めています。
ですが、日本で販売されている電子タバコの場合、ほかのタバコのようにニコチンを得られません
そのため、電子タバコでは満足できず、紙巻タバコに戻る人がいるのも現実です。

そんな中、紙巻タバコに近いニコチン感が得られると注目が集めているのが「ニコチンソルト」です。

ニコチンを含まない健康的な電子タバコならDr.stick 
↓↓↓↓↓
https://ec.dr-stick.shop

 

ニコチンソルトとは

まずは、ニコチンソルトとはどのようなものなのか、従来の電子タバコ用ニコチンリキッドとはどう違うのか説明していきます。

 

自然のタバコ葉が含むニコチン本来の成分に近い物質

ニコチンソルト(ニコチン塩)はアメリカで開発された物質です。ニコチンソルトのソルトはいわゆる「塩」ではなく、酸と反応すると塩を生じさせる化合物「塩基」のことです。ニコチンソルトは現在、タバコ葉が含有するニコチンの成分に最も近い物質とされています。

 

紙巻タバコに近い満足感を得られる

ニコチンを含む電子タバコリキッドといえば「ニコチンリキッド」ですが、ニコチンリキッドは精製されたニコチンを使用しています。そのため、紙巻タバコと同様の満足感を得るためには長時間の吸引が必要です。

一方、ニコチンソルトは本来のニコチンの成分に近いので、ニコチンリキッドよりも短時間で満足感が得られます

 

ニコチンソルトのメリット

VAPEを吸う

「ヘビースモーカーでニコチンなしの電子タバコだと満足できない」「ニコチンリキッドだと吸い過ぎてコストがかかってしまう」「ニコチン濃度が高いリキッドは喉への負担がキツイ」

そんな方に知って頂きたいニコチンソルトのメリットは以下です。

 

吸収がリキッドよりも早い

ニコチンソルトの特徴のひとつは血液への浸透力が高いことです。吸収率が高いため、従来の電子タバコ用リキッドではなかなか満足できず長時間吸っていた方も、短時間で満足感を得られるようになります。

また、紙タバコから電子タバコに移行しようと思っている方も、ニコチンソルトを使用すれば、紙タバコに近い満足感や喫煙感覚を得られるのでスムーズに移行できるでしょう。

 

ニコチン濃度が高くても喉への刺激が少ない

従来のニコチン入りリキッドではすぐに吸いたくなってしまうので、ニコチン濃度を上げて試してみた方もいるでしょう。それで喉を痛めてしまったという方は結構いるはずです。

しかし、ニコチンソルトなら、従来のニコチンリキッドよりもphが低いため、30mg以上の高濃度リキッドでも喉への負担が少なく済みます

さらに、喉越しもなめらかなで吸いやすいのでオススメです。

 

HiLIQ(ハイリク)ニコチンソルトAとBの違い

HiLIQ(ハイリク)は電子タバコ関連の製品を取り扱う香港の企業で、同名のECサイトも運営しています。

HiLIQはニコチンリキッド(従来のフリーベースニコチン)の欠点をカバーするニコチンソルトの開発・販売も行っており、ニコチンソルトAとBがあります。

Aは先に開発されたもの、BはAのデメリットを改良したものです。

ニコチンソルトAとニコチンソルトBの違いは以下の通りです。

ニコチンソルトA ニコチンソルトB
酸味 天然のフルーツ酸使用
少々酸味あり
安息香酸(人工合成の無機酸)使用
酸味少なめ
ニコチンの吸収 ニコチンリキッドよりも、ニコチンの吸収が早い ニコチンソルトAよりも、ニコチンの吸収が早い
吸いやすさ ニコチンリキッドの辛さ、いがらっぽさを軽減 ニコチンソルトAよりも酸味が少なく、喉越しもよい
コイルへのガンクの付きやすさ 付きやすい 付きにくい
喫煙時の特徴 DL(ダイレクトラング)で吸うと重い感じが味わえる 脳への刺激が強く、早々に喫煙感が得られる

ニコチンソルトBはAよりも吸いやすく、早い段階で喫煙の満足感を得られるのが大きな特徴です。

また、ニコチンソルトBで使用されている安息香酸とは弱酸の一種で、清涼飲料などの保存料としても使われる成分です。

ニコチンソルトAは天然のフルーツ酸を使用していますが、天然の場合、加熱によって澱が出やすく、それがコイルのガンク(リキッドを加熱するためのコイルに付着する黒い焦げつき)のもとになります。

一方、安息香酸は澱が出にくいのでガンクも付きにくく、コイルも長持ちしやすいです。

ただ、喫煙時の特徴が異なるので、ガンクの付きやすさよりも、吸い心地の好みに合わせて選ぶのも良いでしょう。

ちなみに、ニコチンリキッドは、ニコチンの吸収が遅く、神経への刺激も弱めという点で、初心者におすすめです。

 

トラブルを引き起こす!ガンク対策

ニコチンソルトAに付きやすいガンクですが、リキッドに含まれている甘味料がコイルに付着し、焦げることでも発生します。何もせず放っておくと、どんどん蓄積し、焦げたような苦みのもとになります。

また、ガンクが原因で不快な臭いが発生することもあり、対策をしないと、どんどん臭いが強くなります。

ガンク対策として有効なのは掃除です。

雑菌の繁殖も防げるので、以下のような掃除を定期的に行うようにしましょう。

  • ドライバーン

ドライバーンとは空焚きのことです。コイルをリキッドに触れていない状態で加熱し、付着しているガンクを焼いてきれいにします。

ドライバーンの手順は以下です。

  1. ウィック(コイルに通し、リキッドを供給保持する役割をするコットン)をコイルから外す
  2. コイルを加熱し、ガンクを灰にしていく
  3. コイルが完全につかる深さの水を容器に入れ、コイルを漬け洗いする

 

  • 細かい部分の汚れを小さめの綿棒やアイシャドウスポンジ等でこする

漬け洗いで落ちない細かい部分の汚れは、ベビー綿棒など小さめの綿棒やアイシャドウ用のスポンジでこすり落としましょう。優しくこするだけで汚れは落ちるので力の入れすぎにはご注意ください。

この手順でもこびりついたガンクが落ちない場合は、再度同じ手順を繰り返しましょう。

 

ワンポイントアドバイス!

ドライバーンの際、コイルを長時間加熱するとコイルの劣化の原因になるので、短時間で済ませましょう。

 

ガンク関係なし!メンテナンス不要の電子タバコはDr.stick
↓↓↓↓↓
https://ec.dr-stick.shop

ニコチンソルトを使うときの注意と初心者へのおすすめ

まずは、ニコチンソルトの取り扱いについて基本的な注意です。

ニコチンは肌からも吸収されます。ニコチンソルトが肌に触れてしまったら、早急に洗い流しましょう。口に入ってしまったらすぐに口をゆすいでください

めまい、腹痛、嘔吐といった症状が出ているなら、急性ニコチン中毒を発症している可能性があるので、病院で診察を受けましょう。

ニコチンリキッドの場合も同様の対応が必要です。

 

初心者向けニコチンソルトの濃度の目安は自作の場合も5%

初めてニコチンソルトを使う際は、低めのニコチン濃度から試しましょう。まずは5%程度の濃度の商品がおすすめです。ノンフレーバーのニコチンソルトベース液と、好みのフレーバーのノンニコチンリキッドを合わせて、VAPE用のリキッドを自作する場合も5%が目安です。

ニコチンリキッドの場合は、既成のリキッドも、ニコチンベースリキッドを使った自作も、共に0.3~0.6%程の濃度がおすすめレベルです。

初めからニコチン量が多く、濃度の高いニコチンソルト・リキッドを利用すると、むせるだけでなく、急性ニコチン中毒にかかってしまう可能性もあります。

はじめは低い濃度で様子をみて、体調に問題がなさそうなら徐々に濃度を上げていき、好みの濃度を見つけていくようにしましょう。

 

初心者へのおすすめはPOD型の電子タバコ

POD型の電子タバコとは、リキッドタンク・ドリップチップ・コイルが一体になった使い捨てパーツである「POD」を交換するタイプを指します。

吸収の良いニコチンソルトは急性ニコチン中毒を発症する可能性がニコチンリキッドよりも高いです。

高出力爆煙系のVAPE本体ではなく、POD型のような低出力タイプのデバイスを使うことをおすすめします。

また、POD型なら、ガンクが付いたときのコイルの掃除といった面倒なメンテナンスも必要ありません

自分好みのリキッドをチャージできるタイプのほか、ニコチンソルト入りのリキッドがすでに充填されており、リキッドチャージの必要のないPOD型VEPEもあります。このようなタイプのなかにも、吸いごたえ、煙量ともに満足度の高い商品もあります。

ニコチンソルト初心者の方はPOD型を選ぶことをおすすめします

初心者にも好評!ニコチンフリーのPOD型電子タバコはDr.stick
↓↓↓↓↓
https://ec.dr-stick.shop

ニコチンソルト・リキッドは国内では購入できない

実は、日本国内ではニコチンソルトを含むニコチン入りリキッドは販売されていません
理由は以下の通りです。

 

薬機法で販売・譲渡が禁じられている

電子タバコで使用するニコチンを含む液体は医薬品扱いになり、薬機法によって承認されないと販売できません。現在、承認された商品がないため、実質、日本国内での販売は禁止となっています。

ちなみに、紙巻きタバコやアイコスなどの加熱式タバコは製造たばこなので、規制はたばこ事業法になります。

 

個人輸入の通販サイトで購入する

国内での販売が禁止されているニコチン入りリキッドですが、使用自体は禁止されていません。そのため、個人輸入サイトなどを通して海外から購入し、自分で使用することは違法ではありません

ちなみに、譲渡も薬機法で禁じられているので、購入したものを他の人にあげる、代わりに購入してもらうといったことも違法です。

しかし購入の際にも注意が必要です。

薬機法でニコチン入りのリキッドは劇薬・毒薬・処方せん医薬品にあたるため、1か月以内の個人使用での個人輸入総量は「120ml」までとなっています。

ニコチンフリーのリキッドを購入する感覚で輸入しないよう気をつけましょう。

 

ニコチンが人体にもたらす危険性を改めて…

体内にニコチンが吸収されると、気分や集中力を高める効果のあるドーパミンが放出されます。ニコチンが吸収されるスピードは早く、容易にドーパミンが放出されるため、その状況が当たり前になると、ニコチンが少しでも切れればイライラするようになってしまいます。これがニコチンを含むタバコを止められない原因です。

さらに、ニコチンは血管を収縮させる作用があり、心拍数を増加させるため、心臓に大きな負担をかけるというリスクもあります。

ニコチンソルト・ニコチンリキッドを利用する際は、こういったリスクがあることを肝に銘じ、利用するようにしましょう。

 

ノンニコチンのおすすめVAPE

日本で販売されているVAPEはノンニコチンなので、健康志向の人たちに人気があります。

電子タバコ会社が多種多様なVAPEを販売するなかでも、SNSで話題独占中の人気POD式電子タバコ「Dr.stick」をご存じでしょうか?

電子タバコ初心者でも使いやすいPOD型お手入れが楽、POD1つで約290回前後吸引できるというコスパの良さも人気の秘密です。定期コースの場合、初回販売価格2,980円でスターターキットが手に入り、すぐに試せます。

そんなDr.Stickの魅力をさらに紹介します。

 

Dr.Stickはニコチンフリー

昔はどこでもタバコを吸えましたが、時代は変わり、喫煙できる場所は少なくなりました。

そんな方にオススメなのがDr.Stick!

ニコチンフリーなので、法律的に吸う場所の規制を受けず、紙たばこや加熱式タバコと比べて利用シーンは多いです。タールもゼロなので自宅や車で吸ってもタバコ特有の臭いがつかないのもメリット。さらに、ニコチンやタールによる健康リスクも回避できます。

ただし、タバコを吸わない人にとっては一般的なタバコとの違いがわからないという場合もあるので、人の多い場所では吸わないなどマナーを守りましょう

 

ニコチンなしでも満足感あり

ニコチンなしの電子タバコ使用では、タバコ感が薄く吸った気がしなくて、紙タバコやニコチン入りVAPEに戻ってしまった…。そんな方にぜひ試してほしいのがDr.Stick。

Dr.Stickのフレーバーは日本の香料メーカーとの共同研究のもと調合されたもので、日本人好みの味に仕立てられています。また、喉への刺激が強く、吸いごたえでも満足できるでしょう。

フレーバーはタバコ系の「ストロングシガー」、強烈な「ストロングメンソール」、酸味の効いた「ストロングレモン」、爽快な甘さの「グリーンアップル」という4種です。

紙たばこと併用で吸っていても、いつの間にか電子タバコ専門になっているかもしれません。

大手タバコ会社は2020年10月にタバコ製品の値上げを実施しました。日々のコスト負担が気になる方はコスパもよいDr.stickを試してみましょう。

 

満足できなければ30日間の初回分全額返金保証

Dr.Stickは定期購入によくある購入回数の縛りがなく、お好きな時に停止・休止が可能です。

何よりすごいのは味や吸い心地に満足できなかったという場合でも30日間は初回金額を全額返金してもらえる点。

それほど自信のある商品ということです。

これなら、VAPEを吸ったことがない人でも気軽に試せますね。

また、電子タバコ本体には無償交換サービスが付いています。定期便継続中はもちろん、解約後の1年間も、1年に3回まで故障・破損の場合でも交換してもらえます

 

まとめ

ニコチン入りのリキッドは日本国内では買えません。輸入代行サイトなどを通して手に入れることはできますが、輸送費などもかかり高額になります。

また、紙タバコなど、葉タバコを使用しているタバコに比べて、発生する有害物質は少なく済むものの、ニコチンによる血管の収縮といったリスクがあることには変わりありません

やはり、健康リスクを避けるなら、ニコチンフリーのものをおすすめします。

POD型を使用すればお手入れも楽ですし、気軽に電子タバコを利用できます。

これから電子タバコを始めてみようと思われている方は、ぜひ試しやすいDr.Stickを定期購入で注文してみてはいかがでしょうか?

https://ec.dr-stick.shop